「法定相続情報証明制度」が始まりました。

法務省が、相続人の相続手続きにおける手続き的な負担軽減をはかるために創設した「法定相続情報証明制度」が本日、平成29年5月29日から始まりました。
 全国の登記所(法務局)で、各種相続手続に利用することができる「認証文付き法定相続情報一覧図の写し」の入手ができるようになります。
 相続登記だけでなく、預貯金の解約・払戻しや生命保険金の受取りの件数が多く、その都度戸籍謄本を各金融機関にいちいち全部確認してもらうよりは、「認証文付き法定相続情報一覧図の写し」を一枚提出するだけで済むのは便利だと思います。
 もっとも、「認証文付き法定相続情報一覧図の写し」を法務局より入手するためには、相続人が戸籍謄本を収集し、収集した戸籍謄本をもとに法定相続情報一覧図(法定相続人が分かる関係図)を作成の上、法務局に提出する必要があります。
 当手続きに関しては、資格者代理人(弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士及び行政書士に限る。)によっても代理が可能ですので、相続手続きをご検討の際には当事務所までお気軽にご相談ください。
なお、制度の詳しい内容は、下記リンクを参照してください。
「法定相続情報証明制度」について(法務省HP)
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00284.html

Follow me!