司法書士とは?

○登記手続きの専門家


司法書士は、権利に関する登記手続きの専門家です。
登記は、不動産登記法や商業登記法などの法律に従って不動産などの重要な財産や会社などの法人に関する権利・義務などの情報を記録して公示(一般に情報を開示すること)することによって、国民の財産や円滑な経済活動を支えるための重要な制度です。
不動産の売買・贈与・相続による所有権移転登記、住宅ローン借入れによる抵当権設定登記、ローン完済による抵当権抹消登記、会社や法人の設立、役員変更登記は、専門家である司法書士にご相談ください。

○裁判所における手続きの専門家

87689b55d4f75a4ca3a83e19452d9b06_l

司法書士は、裁判手続きの専門家です。
もちろん裁判手続きの専門家といえば、弁護士が中心的な役割を担っています。弁護士は民事、刑事を問わず裁判手続き全般の代理業務を行えるオールマイティな存在です。
司法書士の場合は、もともと裁判所に提出する訴状を作成する専門家として誕生した経緯があり、裁判所に提出する訴状や答弁書、準備書面、各種申立書等の作成業務が法律上認められております。このため、司法書士は、本人訴訟を後方から支援する裁判業務を行います。
なお、法務大臣の認定を受けた司法書士は、「簡易裁判所」において争いの額が140万円以下の裁判については、弁護士同様に「本人に代わって」訴訟を行うこともできます。

○企業法務の専門家

b20b768c5ceca8d1fb3ae52ff77eab1d_m

司法書士は、会社の登記(商業登記)の専門家であり、商業登記の前提として会社法についての専門知識を有していますので、中小企業を中心として、会社の商号を変えたい、目的を変えたい、増資したいなどの際に、株主総会開催から登記に至るまで、会社法に基づいたアドバイスをいたします。

○成年後見の専門家

f4c67b1216a34b66b59992db125a25cf_m

司法書士は、成年後見の専門家です。
成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な方々を、法律面や生活面で保護したり支援したりする制度であり、司法書士は現在の成年後見制度の成立当初から積極的に関わっており、家庭裁判所より成年後見人等として選任される専門職後見人(司法書士、弁護士、社会福祉士)の中でも最多となっています。