遺言とは、自分が亡くなった後に遺産をどのように分けてもらいたいかという意思を示す書面のことです。

「まだ自分は元気だから大丈夫」、「後のことは残った者で何とかしてくれるだろう」

などと思いがちですが、人の死はいつ訪れるか分かりませんし、何も決めずにおいたところ、相続人の間で遺産の取り分を巡ってトラブルになったケースも多くあります。
残された人たちが困らないように遺言でご自分の最後の意思を示しておきましょう。

遺言の方式について

遺言にはいくつかの方式がありますが、主に自筆証書遺言と公正証書遺言が使われています。それぞれの特徴は下の表のとおりです。

自筆証書遺言公正証書遺言
作成者本人公証人
保管者本人公証役場
メリット・手軽に作成できる
・遺言書の内容が誰にも知られない  
・公証人が作成するため病気等のため文字が書けなくても作成できる
・保管するので紛失や変造の心配がない
・記載内容の不備で無効となることがない 
デメリット・紛失や変造、隠匿の可能性がある
・すべて自筆の必要があるが、記載内容に不備があると遺言書が無効になってしまう場合がある
・家庭裁判所の検認手続きが必要  
・内容を秘密にできない
・費用がかかる
・手続きが煩雑である